皆既月食、11年ぶりに全国で観測

皆既月食とは、太陽、地球、月が一直線に並び、月が地球の影に入ることで起こる現象です。

GEDC0385


欠けていく様子(クリックで動きます)

皆既食になると、地球の大気を通した太陽の光が月にあたり、月が赤く光ります。

赤く光るのは、光には、波長の幅によって屈折率が違うという特性があり、大気がプリz(ry

知りたい方はググってください。

 

10時半に家を出て、近所の広場のようになっている所で、1時間半弱ほど撮影をしてました。

大学生がうるさいのなんの・・・。

 

気づいたら227枚もの写真を撮影してました。

気づかないうちにたくさん撮ってるなぁ~(ノ∀`)

 

マニュアル露出なし、マニュアルフォーカスなしのコンパクトデジカメを使っているので、

綺麗に撮るのは、なかなか難しかったです。

その中でも、特に綺麗にとれた写真が、トップの画像です。

通常の月よりも、光量が少ないので、周りにぼんやりと星も見えています。

 

GEDC0348

GEDC0392

すばる(上の星の集団)と木星(下の明るい星)っぽい星も見えています。

GEDC0393

紅い月と、オリオン座。

東京で、こんなにも星が見えるなんて、なにか新鮮。

それでも、街明かりで空が明るい。

 

今月の14日には、ふたご座流星群が極大になり、1時間に約60個の流星が出現するそうです。

さらに、来年5月21日には、本州などの広範囲で金環日食を見ることができます。

しかし、月曜日の朝七時半という致命的な悪条件が・・・!

見たいところですが、場合によっては諦めなくてはいけなくなるかも・・・。

 

こういう、天文的なイベントは、なにかワクワクさせるようなものがあります。

みなさんも、気になったら、のんびりと夜空を見上げたりしてみては?

2 Comments

  1. 私も少しだけ月食みましたよーヾ(*’ω’)ノ゙
    寒すぎて早々に部屋に戻ってしまったのだけど、端っこ少しだけ月が出てる状態でした。
    いつものものがいつもと違う、それが太陽だったり月だったりすると本当に神秘的(o´ω`)

    • 不思議な色をした月が頭上にあり、都会にいる筈なのにこんなに星が見える。
      そんな特別な夜に興奮し、上を見ても首なんて痛くならなかったし、寒さもそれほど感じない。時間は3倍の速さで進んでいた。

      何かを見て、形のない感動を手にする。これって人間の特権だと思うのですよ。

      自分の目には乱視が入ってるもんで、はっきりと月を見ることはできなかった・・・
      はっきり見るために望遠鏡とかほしいなぁ、デジタル一眼とか欲しいなぁ、なんて思ってるとキリがない。

      長々と申し訳ないです(´・ω:;.:…
      何言ってるのかわからないと思います。

コメントを残す

© 2017 休息落下

Theme by Anders NorenUp ↑


- Rental Orbit Space -