SolidWorksが使える環境になったので、なにか作ってみることに。

IMG_20150502_120938

なんでしょう、わかる人にはわかるはず。

 

正解は、銃のアクセサリーを付けるためのレールです。

「ピカティニー・レール」という名前の形状。

 

何を付けるかというと、ダットサイトと呼ばれる照準器。

これを付けることで、カメラで動いているものが狙いやすくなるらしい。

 

造形中…
DSC_0153

 

30分ほどで終了。
DSC_0154

黒いのはサポート材、これをペリペリ剥がすのがなかなか楽しい。

高い3Dプリンタだけあって綺麗に出来ています。

 

ここで、設計時に寸法を間違えていたことが発覚。

ヤスリで削るハメに…笑

 

そんなこんなで完成、実際にカメラに取り付けてみた。
DSC_0155

んー、そのままの色だとなんか微妙?

肝心のドットサイトは買っていないので、まだレールの意味が無い。

 

もっと色々モデル作ってCADの練習したいところだけど、この先しばらくマイコンをやることになりそう。

mbed、PSoC、なにをやろう?

 

 

おまけ

友達に図面を渡されて作ったチビmiwa、ボディだけだと物足りない感じがする。
IMG_20150502_120428

顔や髪の境目は、押し出しで微妙に凹凸をつけて誤魔化した^^;

SolidWorksで表面に模様みたいな線を入れる方法ってないのかしら…。