2015-01-25_02.49.40

プラットホームに自然に組み込める、薄型の簡単な駅を作りました。

 

 

発車から到着までの流れを説明します。

2015-01-22_21.02.13

2015-01-22_21.00.12
まずスイッチを押し、トロッコを取り出します。

2015-01-22_21.00.35
トロッコに乗り込み、進みたい方向を向いて”W”キーを押して発車します。

 

続いて到着です。

2015-01-22_20.57.24
駅に接近すると、停車位置手前のディテクターレールが反応します。

2015-01-22_20.53.42
すると一瞬の遅延の後、ブースターレールがOFFになり、停車します。

2015-01-22_20.59.38
トロッコを降ります。

2015-01-22_20.59.49
剣などでトロッコを破壊すると、ホッパーによってトロッコが駅に格納されます。

 

 

回路は単純です。

2015-01-22_20.51.52
両端のディテクターレールの信号を遅延し、NOTを挟んでブースターレールに出力されます。

 

2015-01-22_20.52.22

トロッコはホッパーで回収され、横のドロッパーに運ばれます。
スイッチを押すことで、ドロッパーからディスペンサーに送られ、同時にトロッコをレールに設置します。

 

 

2015-01-22_20.54.20
こんな感じでホームと一体化させることが出来ます。

2015-01-25_02.48.13
回路が薄いので、ホームの下にコンコースを設置することが出来ます。

 

 

実際に作った駅を紹介します。

2015-01-22_19.23.39

2015-01-22_19.24.00

2015-01-22_19.23.28

無計画に作ったのでメインの建物が変なことになってしまいました。

見て分かる通り、ホームのすぐ下にコンコースがあります。

 

 

記事にするような駅でもないのですが、誰かの参考にでもなれば嬉しいです。