久しぶりに空にレンズを向けました。

_DSC8971

シャッターを切ったのも2週間ぶりでした。

 

今日、以前に買った「きみの友だち」という小説を読んでいました。

その中のある女の子が、雲の写真を撮るのです。

読み終わった後になんとなく空を見上げたら、雲がとてもよい感じで、思わずシャッターを切りました。

 

_DSC8974

 

その小説の中に「空を見上げて」というフレーズが何度か出てくるのですが、

自分と共通点があるような気がして、そのフレーズが出てくる度になんとなく嬉しくなります。

 

_DSC8980

望遠レンズしか使えない状況で、撮った空はバラバラになってしまいました。

本当は、このいろいろな雲がある空をひとつの枠に収めたかったのです…。

 

夕方の雲は、あっという間に姿を変えて、あっという間に色を失って空の色に溶け込んでしまいます。

おなじ雲はそのときにしか見ることができなくて、寂しいような、嬉しいような気持ちになります。

 

久しぶりに空が撮れて楽しかったです。