hontoネットストア – 金色の獣、彼方に向かう/恒川 光太郎 – 本:

269ページ、大体4~5時間ほど。

恒川光太郎さんの書く世界観が好きです。

現実世界のなかの非現実・・・みたいな感じの。

読んでいて引き寄せられるような感覚です。

 

恒川光太郎さんの本でおすすめなのが「夜市」です。

今まで10人弱に勧めて、面白かったと言わなかった人は居ません。

角川から出版されています、ぜひ読んでみてください。

 

 

夏は本を読もうと思い、記録をつけてみることにしました。

本の感想を書く、というより記録です。

続くかわかりませんが。