フランス旅行 – 凱旋門へ [Photo]

旅行からすでに3ヶ月経ちました。

気が向いたので、ものすごく久しぶりにフランス旅行の記事を書きます。

 

セーヌ川を離れ、シャンゼリゼ通りへ。

セーヌ川とシャンゼリゼ通りの間にあるグラン・パレ。
DSC_0671

と、道路を挟んで反対側にあるプティ・パレ。
DSC_0672

そしてシャンゼリゼ通り。
DSC_0680

人が多いし、気温は高いしで、大変でした。風がない!

喉が渇いたのでカフェに入りたかったのですが、空いてるところがない。

何とか見つけたカフェでコーラを瓶2本飲みました。うまい。(砂糖の量ヤバイ・・・)
DSC_0688

そして凱旋門へ。
DSC_0699

凱旋門は道路の向こう側なので、地下通路を通っていきます。
DSC_0702

料金を払い、凱旋門に登るためのチケットを買います。
DSC_0703

地下通路から出る。うぉーでけぇ!
DSC_0705

ギリギリまで外側に行っても全体が写らない。
DSC_0720

そういえば、このあたりでFA-MAS持った兵士が警備してました。

門の下には無名戦士の墓があります。
常に火がともされているようです。
DSC_0747

階段を登って、門の上を目指します。結構な段数。
DSC_0729

階段の入口にチケットを確認する人がいたのですが、確認がものすごく適当でした。(母親は見せましたが、自分は鞄の中に入れてて結局見せてない)

エッフェル塔
DSC_0734

サクレクール寺院も見えます。
DSC_0732

パリ市街中心部は景観保護のために建物の高さを制限しているので、とても眺めがいいです。

シャンゼリゼ通り、コンコルド広場が見えます。
DSC_0736

反対側にはグランダルシュという、いわば現代の凱旋門があります。(戦勝の記念ではないので、厳密には凱旋門ではないそう)
DSC_0739

ルーブルにあるカルーゼル凱旋門から、今いるエトワール凱旋門、グランダルシュまで、一直線に並んでいます。

 

凱旋門から離れ、メトロで帰ります。

到着。
DSC_0761

日が暮れてきた。
DSC_0790

おやすみなさい。
DSC_0774

 

次回は、オルセー美術館に行きます。

2 Comments

  1. いつもブログ記事や写真を楽しく拝見させてもらっています
    質問があるのですが、フランス旅行へは、一人で行かれたんですか?
    自分も一人旅をしたいなと思ってるのですが、言葉の壁もあり
    中々一歩を踏み出せずにいます。
    言語の壁はどう乗り越えられているんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      フランスへは母親と行きました。
      恥ずかしながら、私自身は会話としての英語が殆どできず、ほぼ母親任せでした。(学ぶ英語と話す英語は全く違うことを実感しました…)
      なので、旅行を通して感じたことを書きます。
      英語が最低限出来れば大体のところは何とかなるようです。(観光名所など)
      ただ、祖国語しか話せない人もかなりいるようです。
      アドバイスにならず、申し訳ないです。。。
      自分もいつかは一人旅をしてみたいです。

コメントを残す

© 2017 休息落下

Theme by Anders NorenUp ↑


- Rental Orbit Space -