DSC_3532

雨がしとしとと降っている

レールのジョイントっていいよね
音とか、微妙な隙間とか
DSC_3534

やっぱ架線かっこいい
DSC_3533

DSC_3539

もうすぐ来るかな
DSC_3538
DSC_3541

来た
DSC_3542

あ、駅に傘追いてきてしまった
DSC_3543

DSC_3544

 

2両+8両の編成もあるんですねぇ
DSC_3548

2両の方の車両の組み合わせは、(ク)モハ+クハでした

パンタグラフが1両に2つついてます
DSC_3547

8両の方
DSC_3550

この編成を見て、なんとなく車台番号の法則がわかりました

DSC_3546
DSC_3549

まず一番左の数字、これは車両の型番を表します。

次に左から2番目の数字、これは何両目かを表します。

真ん中の数字は、この編成が何両編成かを表します。
画像の場合は、2両と8両なので2と8です。
10両の場合は0です。

右から2番目の数字は、その車両のマイナーチェンジした車両の型番が入ります。
(10000系のマイナーチェンジ、10030系の場合は3、同じく10080系の場合は8が入ります。)

一番右の数字は、製造された順に編成ごとに付けられる番号です。
1の場合、その型番の車両で一番最初に製造された車両ということになります。
また、10以上の場合は繰り上がり、右から2つ目の数字が1増えるようです。

わかっているのはここまでです。

何か間違いがあって、もし暇であれば報告してください。